店頭(読み)テントウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐とう【店頭】

店舗で、陳列棚やレジスターなどがあり、客に応対するところ。また、店の入り口やその付近。みせさき。「店頭販売価格」「新刊を店頭に並べる」

みせさき【店頭】[書名]

森荘已池の処女小説。昭和15年(1940)刊行の作品集の表題作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

店頭の関連情報