店頭(読み)たながしら

精選版 日本国語大辞典「店頭」の解説

たな‐がしら【店頭】

〘名〙
① 長屋の店子(たなこ)の長。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)中「おめさんは精霊長屋の店頭(タナガシラ)、位牌堂の板頭丈あって」
② 江戸の私娼街に居付き、そこで起こる喧嘩・人殺し・火付け・盗難・遊女の変死などを、遊女屋の家主から金を引き出して与力や同心にわいろを使い、事を内々に済ますことを業とした者。
※洒落本・売花新駅(1777)駅路風景「あれは彦右衛門、彌四郎とて、ここの店がしらだ」

てん‐とう【店頭】

〘名〙 店の前。みせさき。
黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)一・大猪川歌「店頭沽酒犒僕夫、始覚風光入撚鬚
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五六「店頭に立て客に接遇せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「店頭」の解説

みせさき【店頭】[書名]

森荘已池もりそういちの処女小説、および同作を表題作とする作品集。昭和15年(1940)刊行。表題作のほか「氷柱つらら」「近郊盗人伝」などを収録

てん‐とう【店頭】

店舗で、陳列棚やレジスターなどがあり、客に応対するところ。また、店の入り口やその付近。みせさき。「店頭販売価格」「新刊を店頭に並べる」
[類語]店先実店舗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「店頭」の解説

【店頭】てんとう

路上の出し店。成大〔大寧河〕 梨棗(りさう)(なしと、なつめ)從來、を數ふ 大、果樹稠(おほ)し 箱擾擾(ぜうぜう)として、街を(さへぎ)りて賣る 紅皺(こうすう)團、店頭に滿つ

字通「店」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android