コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケファロニア島 ケファロニアトウ

2件 の用語解説(ケファロニア島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケファロニア‐とう〔‐タウ〕【ケファロニア島】

KefaloniaΚεφαλλονιά》ギリシャ西部、イオニア海にある島。古代名ケファリニア島。イオニア諸島中、最も大きい。中心都市はアルゴストリ。古くから海上交易の要所として知られ、ミケーネ文明の墳墓遺跡が残っている。紀元前2世紀に古代ローマに征服され、中世を通じて東ローマ帝国オスマン帝国ベネチア共和国の支配を受け、18世紀末から19世紀にかけてフランス領、英国領を経てギリシャ領となった。オリーブワインの生産が盛ん。最高峰エノス山(標高1628メートル)にはヨーロッパ有数のモミの森林が広がる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケファロニア島
ケファロニアとう

ケファリニア島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケファロニア島の関連キーワードケファリニア島ΑλίανθοςΑγχίαλοςΚαλαμπάκαΧαλκίςΓλυφάδαΗφαιστείονΜαλιάΚερύνειαΤεφρική

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone