ケルン大司教領(読み)ケルンだいしきょうりょう(英語表記)Erzbistum Köln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルン大司教領
ケルンだいしきょうりょう
Erzbistum Köln

カルル1世 (大帝)が 785年ケルン市に設けた大司教座を中心に形成されたライン川下流左岸のドイツの教会諸侯領。オットー1世 (大帝)の弟ブルノー1世以来,代々のケルンの大司教は,マインツ大司教,トリール大司教と並んで,中世ドイツ帝国の政治史に重きをなす教会諸侯の1人であり,金印勅書で7選帝侯国 Kurfürstentumの1つに数えられた。 13世紀末にケルンの市民が大司教からの独立闘争を行い,その結果,ケルン市は帝国直属の自由都市となり,遠隔地商業で栄えた。ケルン大司教兼選帝侯の位は,16世紀末から 1761年まで,バイエルンのウィッテルスバハ家に独占された。ナポレオン時代の世俗化と領土分割を経て,1815年プロシア王国に編入され,21年には大司教座が復活された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android