ケロシン

デジタル大辞泉 「ケロシン」の意味・読み・例文・類語

ケロシン(kerosene)

揮発温度の低い灯油

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ケロシン」の意味・読み・例文・類語

ケロシン

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] kerosene ) 揮発温度の低い灯油。→灯油。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ケロシン」の意味・わかりやすい解説

ケロシン
kerosine

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ケロシン」の意味・わかりやすい解説

ケロシン
けろしん

灯油

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のケロシンの言及

【灯油】より

…ケロシンともいう。沸点およそ160~300℃の石油留分で,家庭の暖房・厨房(ちゆうぼう)用に,また石油発動機用燃料や溶剤に使用される。…

※「ケロシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android