コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コサマロアパン Cosamaloapan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コサマロアパン
Cosamaloapan

メキシコ中部,ベラクルス州南東部の都市。ベラクルスの南南東約 100km,メキシコ湾沿岸の海岸低地にあり,パパロアパン川にのぞむ。高温多雨の周辺一帯はメキシコ最大のサトウキビ地帯で,ほかにトウモロコシ,バナナ,マンゴーなどが栽培され,牧畜も盛ん。 1947年以降連邦政府によりパパロアパン川流域総合開発計画が推進され,市周辺にいくつかの製糖工場が建設された。人口7万 6640 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android