ベラクルス(英語表記)Veracruz

翻訳|Veracruz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正式名称はベラクルスヤベ Veracruz Llave。メキシコ中部,ベラクルス州中部の都市。同国のメキシコ湾側の最大の港湾都市で,メキシコ市の東約 300kmにある。 1519年 H.コルテスにより現在地からやや離れた地点に最初のスペイン人入植地が建設されたが,のちに放棄され,99年頃現在地に新しい町が建設された。この町も高温多雨で標高わずか 15mの低湿な砂浜に立地し,衛生状態は概して悪かったが,植民地時代にはスペインと結ぶメキシコの主要として繁栄。このためしばしば海賊に襲撃されたのをはじめ,フランス軍,アメリカ合衆国軍,さらに 1821年の独立ののちは多くの革命政府によって占領されるなど,メキシコ史上きわめて重要な役割を果した。現在ドック,倉庫などの港湾施設が整備され,背後に農業地帯およびオリサバやプエブラなどの工業都市を控えて,それらの積出港として発展。市内には石油精製,造船,食品,セメント,化学,石鹸,繊維などの工業が立地。ベラクルス工科大学 (1957) 所在地。陸上交通の要地でもあり,メキシコ内陸および沿岸の各地と結ぶ鉄道,道路が集る。人口 32万 7522 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メキシコ東部、ベラクルス州の都市。同州の州都。メキシコ湾に面する港湾都市で、同国最大の貿易港を有する。石油工業が盛ん。1519年、コルテスによって建設された。毎年2月から3月にかけて行われる国内最大規模のカーニバルが有名。近郊に海岸保養地が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メキシコ南東部,メキシコ湾岸の国際港湾都市。当地は1822年の共和制宣言をはじめ,米墨戦争メキシコ革命など,たびたび重要な舞台となった。ベラクルスを中心とするメキシコ湾岸はリゾート地として人気があり,カーニバルの時などは特ににぎわう。1519年コルテスが上陸し,1760年まで,メキシコにおける唯一のスペインとの通商港であった。1872年首都との間にメキシコ最初の鉄道が開通。42万8323人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メキシコ湾岸にあるメキシコ第1の国際港湾都市。人口43万8821(1991)。正式名称ベラクルス・ヤベ。港は6埠頭からなり,水深9~8m。アメリカ合衆国西側の主要港と結ぶ大西洋航路,ヨーロッパ航路,パナマ運河経由の太平洋航路,メキシコ湾航路の基点で,主要産品の輸出入港である。1519年,H.コルテスがここに上陸し,メキシコ最初の植民都市ビヤ・リカ・デ・ラ・ベラクルス(〈真実の十字架の富める町〉の)を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メキシコのメキシコ湾岸、ベラクルス州にある港湾都市。正称はベラクルス・ヤベ。人口41万1582(2000)。同国最大の貿易港であり、造船業や石油工業も発達している。1519年にH・コルテスが建設し、アステカの都への侵略基地となった。16~17世紀にはスペイン植民地下の特許港として、コロンビアのカルタヘナ、パナマのポルトベリョと並び繁栄した。独立時の共和制宣言やその後の憲法発布はここで行われた。1838年にはフランス軍の、1847年と1914年にはアメリカ軍の侵入を受けた。海水浴場のモカンボ、保養地のカテマコ湖、アルマス広場やウルア要塞(ようさい)の名所、メキシコ一のカーニバル、近海の新鮮な魚貝類などが観光客をひきつける。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベラクルスの関連情報