コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コディノス コディノスKōdinos, Geōrgios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コディノス
Kōdinos, Geōrgios

15世紀頃のビザンチンの高級官吏。作品『コンスタンチノープル宮廷の官職と大教会の聖職について』 Peri tōn ophphikialiōn tou palatiou Kōnstantinoupoleōs kai tōn ophphikiōn tēs megalēs Ekklēsias (通称,De officiis) および『コンスタンチノープル誌』 Parekbolai ek tēs bibliou tou chronikou peri tōn Patriōn Kōnstantinoupoleōsの作者として誤って伝えられたことで著名。前者は,国法上重要な行事の詳細な説明,官職,聖職の名称とその機能などが記録されており,ビザンチン帝国後期の行政機構を知るうえでの最も重要な史料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android