コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリップス コリップス Corippus, Flavius Cresconius

1件 の用語解説(コリップスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリップス
コリップス
Corippus, Flavius Cresconius

6世紀の中世ラテン詩人,文法学者。アフリカの出身でコンスタンチノープルに移住。叙事詩『ヨハンニス』 Johannis (550頃) ,『ユスチニアヌス讃』 In laudem Justiniなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコリップスの言及

【ラテン文学】より

…さらに6世紀には,中世に聖書に次いで愛読された《哲学の慰め》の著者ボエティウスが,最後の世俗ラテン作家となった。世俗詩人も6世紀中葉のコリップスCorippusあたりが最後であろう。 5世紀後半から6世紀にかけてのキリスト教作家には,シンマクスの後継者といえるほどの技巧派の修辞家シドニウス・アポリナリス,キリスト教と世俗の両方のテーマを歌った詩人ドラコンティウスDracontius,古典の教養を顕示した演説家エンノディウスEnnodius,最後の詩人ウェナンティウス・フォルトゥナトゥスVenantius Fortunatus,《フランク史》の著者トゥールのグレゴリウス,教皇グレゴリウス1世などがいる。…

※「コリップス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コリップスの関連キーワードキシュラドナトゥスプリスキアヌスアフリマン汎アフリカ主義アフリカ探検シーバワイフ中世科学ラテン語教育《中世ラテン語辞典》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コリップスの関連情報