コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルドバの大聖堂 コルドバのだいせいどう

1件 の用語解説(コルドバの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コルドバのだいせいどう【コルドバの大聖堂】

アルゼンチンのコルドバにある大聖堂。サンマルティン広場に面する、1787年に完成したネオゴシック様式の建物である。中央に塔がそびえ、内部装飾は金箔をふんだんに使用している。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルドバの大聖堂の関連キーワードルハンフォークランド戦争アルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴコルドバ大聖堂サンカタルド大聖堂サンマルコ大聖堂プエルトイグアスマリボル大聖堂ドゴ・アルヘンティーノ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone