コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレステロールエステル

1件 の用語解説(コレステロールエステルの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コレステロールエステル

 コレステリルエステルともいう.コレステロール脂肪酸からなるエステルで,血漿リポタンパク質の内部部分,肝臓などに存在する.血漿中の濃度は約1.40g/l前後.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のコレステロールエステルの言及

【中性脂肪】より

…天然に見いだされる脂肪酸誘導体のなかで最も広く分布している一群の脂質で,脂肪酸とグリセリンのエステルであるグリセリド,脂肪酸とコレステロールのエステルであるコレステロールエステルが主要なものである。ほかに量的にはずっと少ないが広く分布するアルキルエーテルアシルグリセロールがある。…

※「コレステロールエステル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレステロールエステルの関連情報