コンセール・パドルー

デジタル大辞泉プラスの解説

コンセール・パドルー

フランスのパリを拠点とするオーケストラパドルー管弦楽団とも呼ばれる。1861年に設立されたコンセール・ポピュレールを前身とする。30年以上の休止期間を経て、第一次世界大戦が終わった1918年に復活し、1921年より現名称になった。主な指揮者はアルベール・ヴォルフ、デジレ・エミール・アンゲルブレシュトなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android