指揮者(読み)しきしゃ(英語表記)conductor

翻訳|conductor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指揮者
しきしゃ
conductor

管弦楽,合唱,オペラなどの演奏に自己の解釈を与え,統一のための作業をする者。通常,指揮者は指揮棒を用いて統率するが,このスタイルは 19世紀初頭,ウェーバー,メンデルスゾーンらによってとられ,指揮法の幅が広められた。 H.ビューロー以来,職業としての指揮者が誕生し,20世紀に入りオーケストラの定着とともに,演奏家としての指揮者 (A.トスカニーニ,B.ワルター,W.フルトベングラーら) が多くの業績を残した。指揮者の業績が管弦楽の歴史を築いたとさえいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきしゃ【指揮者】

指揮をする人。指図する人。
合唱や合奏の指揮をする人。コンダクター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐しゃ【指揮者】

〘名〙
① 指揮する者。指図する人。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉三〇「何者か目に見えぬ指揮者(シキシャ)があって、彼等は其の魔の杖の命ずる処に動くかの如くだ」
② 音楽で、合奏や合唱の指揮をする人。コンダクター。〔音楽字典(1909)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の指揮者の言及

【指揮】より

…一般にオーケストラや合唱,オペラ,アンサンブルなどを身ぶりやバトン(指揮棒)を用いて可視的手段によって統率すること。指揮者(コンダクターconductor)はリズムや拍子をとるばかりでなく,楽器や声の〈入り〉(アインザッツEinsatz)を示しながら,ディナーミク,フレージング,アーティキュレーションその他の細かい表情を指示する。また楽譜を深く読解しながら自分なりの解釈を設定した上で,それを演奏者に徹底させなければならないが,練習(リハーサル)はそのための不可欠の場である。…

※「指揮者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指揮者の関連情報