コンバージェンス(読み)こんばーじぇんす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンバージェンス

カラーディスプレイは、3本の電子ビームを1点に収束し、各蛍光体に正しく照射しなければならない。正しく調整されていないとその収束(コンバージェンス)が合わず、文字などの輪郭がぼやけたり、色がにじんだりする。このような状態をコンバージェンスミスという。多くのディスプレイでは、コンバージェンスを合わせるための調整機能が用意されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

コンバージェンス

転換・移行。近年では、特に業態転換の意味で使われることが多い。〈活用例〉わが社は今後、IT企業へのコンバージェンスを目指す

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

コンバージェンス【convergence】

一点に集中すること。意見が一つにまとまること。収束・収斂しゆうれん・融合すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android