コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパクトフラッシュカード こんぱくとふらっしゅかーど

2件 の用語解説(コンパクトフラッシュカードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンパクトフラッシュカード

CFカードともいう。デジタルカメラなどで利用される小型の記録メディア。厚さ3ミリ、縦横4センチほどの四角形で容量は8MBから128MBのものがある。今現在デジタルカメラに使われる記録メディアとして一般的なもののひとつ。大きさの割に大容量でスマートメディアに比べて値段は少々高い。ただ、ウィンドウズCE2.0を搭載したハンドヘルドPCザウルスなどにも使われているため、デジタルカメラ以外の用途にも流用できる利点がある。コンパクトフラッシュカードに記録した画像をパソコン読み込むには、専用のカードリーダーやPCカードスロットに挿入するためのカードアダプターが必要。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

コンパクトフラッシュカード

 CFカードと略す。米国SanDisk社が開発した小型のフラッシュメモリーカードの規格のひとつ。コントローラーを内蔵する。サイズは36.4×42.8×3.3mm。記録容量は年々増え、2009年10月現在、64GBという大容量タイプが市販されている。アダプターと組み合わせることで、PCMCIAカードと同様にノートパソコンなどで使用できるなど、汎用性が高い。Type I とType II の2種類の規格があり、後者の代表が マイクロドライブ である。 左がTypeIIのマイクロドライブ、右がTypeI。厚みが異なるのがわかると思う

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

コンパクトフラッシュカードの関連キーワードCFカードデジカメデジタル家電デジタルビデオカメラピクトブリッジコンパクトデジタルカメラスチールカメラデジタル一眼レフカメラデジタルスチールカメラデジタル対応レンズ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンパクトフラッシュカードの関連情報