厚み(読み)アツミ

デジタル大辞泉の解説

あつ‐み【厚み】

厚さの程度。厚いという感じ。「厚みがある」
深み。奥行き。「厚みのある語り口」
囲碁で、容易に攻略されない堅固な石の配置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつみ【厚み】

厚さの程度。厚いと感じられる状態。 「胸のあたりに-がでてきた」
奥深く豊かな感じ。 「教養に-が感じられる」 「 -を持たせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつ‐み【厚み】

〘名〙 (「み」は接尾語)
① 厚さの程度。厚いこと。また、厚い感じ。
滑稽本七偏人(1857‐63)初「六七分ぐらゐな厚みにすかりすかりと切ならべ」
② 物事の積み重なりによって生じる重厚な感じ。
※夏の終り(1962)〈瀬戸内晴美〉「それは彼等が過してきた、歳月の重みと、彼等の生活の厚みを物語っていた」
③ 囲碁で、将来起こり得る戦いに、有利をもたらすような形。

あつ‐み【厚み】

(形容詞「あつい」の語幹に「み」の付いたもの。前に助詞「を」を伴うこともある。→) 厚いので。
※万葉(8C後)一八・四〇九四「四方(よも)の国には 山川を 広み安都美(アツミ)と 奉(たてまつ)る 御調宝(みつきたから)は 数へ得ず 尽しもかねつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厚みの関連情報