コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートダルモール県 コートダルモールCôtes-d'Armor

1件 の用語解説(コートダルモール県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コートダルモール〔県〕
コートダルモール
Côtes-d'Armor

フランス西部,ブルターニュ地方イギリス海峡にのぞむ県。旧コートデュノール県。県都サンブリュー。西部から南部にかけて標高は低い (最高約 300m) が谷の深い丘陵地があって,山地の景観を呈する。海岸は出入が多く,リアと呼ぶ深い河口入江がある。全体として,リンゴの木を交えた生垣に囲まれた牧場と農家の散在する,ブルターニュ地方の代表的なボカージュ呼ばれる農業地帯。最近では多角的農業への転換をはかっている。パンポル,ペロスギレクなどの港は,アイスランドニューファンドランドへの遠洋漁業基地。東部海岸フレール岬以東カンカル (イルエビレーヌ県) まではコートデムロード (エメラルド海岸) の名で知られた観光・別荘地帯。西部のトレゴロア地方の海岸も景色の美しさで知られ,ブレア島をはじめパンポル,トレガステルなどの観光地がある。面積 6878km2。人口 53万 9100 (1982推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone