サンミニアートアルモンテ教会(読み)サンミニアートアルモンテキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンミニアート‐アル‐モンテ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンミニアートアルモンテ教会】

Basilica di San Miniato al Monte》イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェにある教会。市街南東部、アルノ川左岸の丘の上に位置する。11世紀から13世紀にかけて建てられた。フィレンツェにおけるロマネスク様式の代表的な建築物として知られる。12世紀に作られたモザイク壁画「玉座のキリスト」、12世紀から14世紀にかけて描かれたフレスコ画が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android