玉座(読み)ギョクザ

デジタル大辞泉「玉座」の解説

ぎょく‐ざ【玉座】

天皇国王のすわる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「玉座」の解説

ぎょくざ【玉座】

権力者が自己の社会的権威を誇示するために公的な場所で使用する,または座具座は通常踏段を備えた高台に設置され,権力者はつねに高い位置を保持し,被支配者たちを見下ろすところに着座する必要があった。したがって玉座は権力者の威厳ある姿勢を保持する座具であるとともに,ステータスシンボルとしての機能を果たしている。 古代エジプトではライオンをつけた黄金の玉座が作られ,その影響を受けて,古代ギリシアでは高い背もたれと足台を備えた肘掛椅子(トロノスthronos)が国王の玉座となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「玉座」の解説

【玉座】ぎよくざ

御座

字通「玉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の玉座の言及

【高御座】より

…天井中央に大きな円鏡をはめ,床に差し筵(むしろ)を敷く。その上に繧繝端(うんげんべり)の大畳2帖,中敷1枚,唐軟障錦端(からのぜじようきべり),東京錦(とうぎようき)の茵(しとね)と重ねて玉座とし,座の左右に剣璽の台を置く。基壇につけた勾欄を朱塗とし,全体を黒塗とする。…

※「玉座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android