ザンクト・マリア・イム・カピトール聖堂[ケルン](読み)ザンクト・マリア・イム・カピトールせいどう[ケルン](英語表記)Sankt Maria im Kapitol, Köln

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンクト・マリア・イム・カピトール聖堂[ケルン]
ザンクト・マリア・イム・カピトールせいどう[ケルン]
Sankt Maria im Kapitol, Köln

この聖堂はクローバー形プランをもち,集中建築要素が濃い。現在の建物は 1047年に起工され 65年に献堂されたドイツ・ロマネスクの代表的建築。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android