コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖堂 せいどう

4件 の用語解説(聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖堂
せいどう

孔子その他の賢者を祀った祠堂で,孔子廟ともいう。江戸時代,儒学の隆盛とともに各地に建立されたが,特に元禄3 (1690) 年,将軍綱吉が江戸上野忍ヶ岡の林道春 (羅山) の家塾に建てられていたものを湯島に移して建立させた聖堂は有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐どう〔‐ダウ〕【聖堂】


孔子をまつった堂。聖廟(せいびょう)。文廟。
キリスト教の教会堂カテドラル
東京都文京区湯島にある孔子その他の聖賢をまつった廟。元禄3年(1690)林家の私塾を移転し、聖堂と称した。幕府の保護を受け、寛政の改革のとき直轄の学問所となる。湯島聖堂。→昌平坂学問所

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいどう【聖堂】

(1)キリスト教徒が礼拝または集会のために設けた建物。教会堂ともいう。聖堂のうち,司教座(カテドラcathedra)の置かれたものをとくに司教座聖堂または大聖堂と呼び,フランス語でカテドラルcathédraleイタリア語ドゥオモduomoドイツ語ドームDomまたはミュンスターMünsterという。教会教会堂建築(2)日本で,孔子をまつった建物,すなわち孔子廟を聖堂(または聖廟)と呼ぶ。湯島聖堂などがその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいどう【聖堂】

孔子をまつった堂。聖廟せいびよう。文廟。
東京都文京区湯島にある、孔子その他の聖賢をまつった廟。1632年江戸上野忍岡の林羅山の家塾に建てられたものを、90年五代将軍綱吉が湯島に移した。数度火災にあい、現存のものは1933年(昭和8)に復興。湯島聖堂。
キリスト教の教会堂。司教座の置かれたものを司教座聖堂、または大聖堂と呼ぶ。カテドラル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖堂の関連情報