もち

精選版 日本国語大辞典 「もち」の意味・読み・例文・類語

もち

(動詞「もつ(持)」の連用形から) 動詞の具体的な意味が薄れて、格助詞的に用いられたもの。材料手段を表わす。…で(もって)。
万葉(8C後)二〇・四三九八「はや帰りこと ま袖毛知(モチ) 涙を拭ひ むせひつつ 言問ひすれば 群鳥の 出で立ちかてに」

もち

〘副〙 「もちろん(勿論)」を略していう語。
淡彩処女(1930)〈北村寿夫〉二幕「『奥さん、今日はごいっしょなんですね?』『うちと…?』『モチ』」

もち

〘名〙 船方仲間で、和船の飛蝉(とびせみ)や蝉つまり身縄などを巻くための滑車の車をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「もち」の意味・読み・例文・類語

もち

[副]もちろん」の略。「『君も行くかい』『もち、行くさ』」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「もち」の解説

もち

 もち米を蒸して臼でついて作る保存食

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android