コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイフウスマーン Shaykh 'Uthmān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイフウスマーン
Shaykh 'Uthmān

イエメン南西部の町。アデン市の北方,アデン港にのぞみ,貿易のセンターで,隊商隊の終着地でもある。イギリスは 1882年にこの地を買収して,アデン半島の増大する人口のための住居地にしようと試みたが,近代的な衛生設備が整うまではかなり不健康な地であった。 1945年アデン市から分離,独立の町となった。人口約6万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android