コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立 どくりつ independence

翻訳|independence

5件 の用語解説(独立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立
どくりつ
independence

国家が他のすべての国家の制御,支配から自由である権利をさし,生存や平等の権利と並んで国家の基本的権利とみなされる。国内問題,外交政策を自国政府の完全なコントロールのもとにおくことができなければ国家は存在しないことになるが,現実には,そのようなコントロールを部分的ないしは完全に失っていても国家と認められるケースがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どく‐りつ【独立】

[名](スル)
他のものから離れて別になっていること。「母屋から独立した離れ」
他からの束縛や支配を受けないで、自分の意志で行動すること。「独立の精神」「独立した一個の人間」
自分の力で生計を営むこと。また、自分で事業を営むこと。「親から独立して一家を構える」「独立して自分の店をもつ」
(法律の拘束を受けるが)他からの干渉・拘束を受けずに、単独にその権限を行使できること。「司法の独立」「政府から独立した機関」
一国または一団体が完全にその主権を行使できる状態になること。「独立を宣言する」「独立したての若い国」「独立国家」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつ【独立 independent】

数学用語。偶然現象を数学的に記述する場合,根元事象の集りである事象Aとその確率P(A)を考える。二つの事象A,Bは,両者がともに起こる確率P(AB)がそれぞれの確率の積P(A)・P(B)に等しいとき,互いに独立であるといい,そうでないときは互いに従属であるという。いくつかの事象A1,A2,……,Anを考えるときは,その中の任意の部分Ap,Aq,……,Arに対してP(ApAq∩……∩Ar)=P(Ap)P(Aq)……P(Ar)が成り立つときA1,A2,……,Anは独立であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どくりつ【独立】

( 名 ) スル
〔古くは「どくりゅう」〕
他と離れて、一つだけ立っていること。また、他のものとはっきり別になっていること。 「 -家屋」 「 -の部屋」
他人の援助・束縛を受けず、個人が一家をかまえて生活を営むこと。 「親から-する」 「 -して店を出す」
他から干渉を受けずに、単独で権限を行使し得ること。 「司法権の-」
他のいかなる権力、特にいかなる他国家の権力にも従属せず、主権を行使する能力を有すること。
植民地・属領などが、主権を獲得して新たに独立国となること。 〔類義の語に「自立」があるが、「自立」は他者に依存せずに自分一人の力で物事を行う意を表す。それに対して「独立」は他からの支配や援助を受けることなく、単独で物事を行う能力を持つ意を表し、国家などについて言うことが多い〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独立
どくりゅう
(1596―1672)

江戸初期に来日した中国の禅僧。浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)仁和の人。俗姓は戴(たい)、名は笠(りゅう)、字(あざな)は曼公(まんこう)。25歳から中国各地を転々として修業のかたわら医術を習得。一方、30歳前後には詩人としても名をあげたが、明(みん)の滅亡を慨嘆して故国を捨て1653年(承応2)長崎に来航した。翌年来朝の黄檗(おうばく)宗の高僧隠元隆(いんげんりゅうき)に感化され、58歳で帰依(きえ)して得度、法名を性易(しょうえき)、字を独立と改めた。隠元に随行して大坂、江戸と回ったが病のため長崎に帰り、以後は岩国や小倉(こくら)など西国で活躍、寛文(かんぶん)12年77歳で小倉に没した。書は師隠元の影響を受け、いわゆる黄檗流の名手として名高い。しかしそれには、明の王寵(おうちょう)の書を学び、それを凌駕(りょうが)するまでに明代書法を堅実に習得していたという基礎があった。彼の書は高玄岱(こうげんだい)、北島雪山(きたじませつざん)に継承されて唐様(からよう)として発達、江戸前期の書壇に多大な影響を与えた。また、篆刻(てんこく)の正統的技術を最初にわが国に伝えており、彼に遅れて来朝の心越(しんえつ)(1639―95)とともにわが国篆刻の始祖に数えられる。[名児耶明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の独立の言及

【確率変数】より

…これをXの分布という。二つの確率変数X,Yは,もしP(X-1(B)∩Y-1(C))=P(X-1(B))・P(Y-1(C))が任意のB,Cについて成り立つとき独立であるという。三つ以上の確率変数についても同様に独立の概念が定義される。…

※「独立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

独立の関連キーワード事象確率変数確率論数学的構造数学的論理学高等数学初等数学キルヒホッフの回折理論加法過程条件付確率

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独立の関連情報