コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャプロン シャプロン chaperon

1件 の用語解説(シャプロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャプロン
シャプロン
chaperon

14~15世紀に西ヨーロッパで用いられた頭巾型のかぶりもの。男女とも用い,前部は切込みの縁飾りがあり,尾部は長い管状で,ターバン状に頭に巻きつけたり,尾部を長く垂らしたりして用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシャプロンの言及

【被り物】より

…初期には,男性は頭にぴったりとしたベレー形の帽子をかぶり,婦人はベールをおもに用いた。12世紀には,男子は半球帽カロットやつばのついたフェルトの帽子や,シャプロンと呼ばれる頭巾をかぶった。この頭巾は中世を通じていろいろな形のものがあった。…

【帽子】より

…これは当時のゴシック建築の尖塔の形を反映したものといわれている。その他エスコフィオンescoffion(ロール形のかぶり物でターバン型,ハート型など),シャプロンchaperon(肩まで垂れ下がった頭巾),リリパイプliripipe(細長い紐状の垂れ飾り)付きのフードなど,いずれも複雑な形とぜいたくな素材で装飾をこらしたものが多かった。
[近世]
 ルネサンス時代の衣服やかぶり物はたいへん美しい造型を見せていることが,当時の肖像画からうかがうことができる。…

※「シャプロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャプロンの関連キーワードシターンショーム西ヨーロッパターレルビオールヨーロッパロシアヨーロピアン西ヨーロッパ時間西ヨーロッパ標準時ヨーロッパ労連

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone