男女(読み)オトコオンナ

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐おんな〔をとこをんな〕【男女】

男でありながらのような、また、女でありながら男のような性徴性質を持つ人。

だん‐じょ〔‐ヂヨ〕【男女】

おとことおんな。なんにょ。

なん‐にょ【男女】

おとこと、おんな。だんじょ。「老若(ろうにゃく)男女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとこおんな【男女】

男でありながら女のような、また女でありながら男のような性徴・性質をもつ者。半陰陽の人間。

だんじょ【男女】

男と女。また、男であることと女であること。なんにょ。 「一組の-」 「 -を問わない」

なんにょ【男女】

男と女。だんじょ。 「老若ろうにやく-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おとこ‐おんな をとこをんな【男女】

〘名〙
① 男と女。男も女も。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「おとこ女『いとわりなきわざかな』と言ひあはせつつ嘆く」
② 夫婦。また、恋愛関係にある男女。
※古今(905‐914)仮名序「おとこ女の仲をもやはらげ、たけきもののふの心をも慰むるは、歌なり」
③ 男でありながら女のような、また、女でありながら男のような、性徴や特質をもつもの。
※卍(1928‐30)〈谷崎潤一郎〉二一「そいから綿貫のこと『男女(ヲトコヲンナ)』やとか『女男』やとか云ふやうになったのんやさうですが」

だん‐じょ ‥ヂョ【男女】

〘名〙
① おとことおんな。なんにょ。〔広益熟字典(1874)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「丁度見合をする若い男女の心持ちで朝から晩迄くらさなければならない」 〔礼記‐曲礼上〕
② 転じて、色欲。
※集義和書(1676頃)一四「人心は、此形の有間、形につきて知覚運動するものをさして云なり。寒暑をしり飲食男女を知所也」

なん‐にょ【男女】

〘名〙 男と女。だんじょ。
※続日本紀‐養老五年(721)五月己酉「宜取浄行男女一百人、入道修上レ道」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「別て男女(ナンニョ)のなからひは、翠帳紅閨の中に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の男女の言及

【同性愛】より

…各国語に存在する同性愛を示す用語のいくつかが,異性との性関係を示す際にも用いられたことから,同性愛が同性愛者というカテゴリーとは別であった可能性も大きい。同性愛を示す古くからの英語の一つ〈ソドミー〉は,中世・初期近代の用法では男女の背徳的な性行動をも意味し同性愛に限定されない。同性愛者というカテゴリーの確立は,西洋において同性愛行為への法的制裁が和らぐ19世紀以後である。…

※「男女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男女の関連情報