コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぶりもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かぶりもの

被り物,り物とも書く。頭にかぶったり,頭をおおったりするものの総称。日本在来のものには,手拭頭巾,覆面,はちまきイグサやわらなどの帽子などがあり,他方,西洋には各種の帽子を中心として,冠,フードベール,コイフ,スカーフなどがある。こうしたかぶりものの役割は3つに大別される。 (1) 頭部の大半をおおって寒暑,危害などから頭を保護する。 (2) 礼容を整え,身分や階級を象徴する一方,儀礼性を高める。 (3) 最も目立つ部分として装身全般の印象を強く作用する。そのためアクセサリーのなかでも最も変化の多い部分になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

かぶりものの関連キーワード乏・亡・傍・冒・剖・卯・厖・坊・妄・妨・帽・忘・忙・房・旁・暴・望・某・棒・榜・眸・紡・膨・芒・茅・茫・謀・謗・貌・貿・防手ぬぐい(手拭)揚げ帽子・揚帽子笠踊(傘踊)ウィンプルびらり帽子シャプロン御高祖頭巾ワチェット空頂黒幘野郎帽子カミーズ笠地蔵烏帽子綿帽子髪飾り桔梗笠ムート鬢帽子衣被り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かぶりものの関連情報