コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヤオメイ(小梅)関 シヤオメイかんXiaomei guan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シヤオメイ(小梅)関
シヤオメイかん
Xiaomei guan

中国南東部,チヤンシー (江西) 省とコワントン (広東) 省の境にある峠。標高は 300~400mと低い。ターユイリン (大 庾嶺) 山脈 (梅嶺) を越えて,北のチャン (長) 江水系と南のチュー (珠) 江水系を結ぶ交通路として古くから利用された。宋代に関が設けられて,メイ (梅) 関あるいはメイリン (梅嶺) 関とも呼ばれた。明末に中国を訪れたイタリア人のカトリック伝道者マテオ・リッチや,清代の中国駐在イギリス大使マッカートニーなども通っており,大使路とも呼ばれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シヤオメイ(小梅)関の関連キーワードターユイリン(大庾嶺)山脈ナンリン(南嶺)山地ターユイ(大余)県

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android