コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュコダ[会社] シュコダ

2件 の用語解説(シュコダ[会社]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュコダ[会社]【シュコダ】

チェコ最大の企業で総合機械企業グループ。本社はプラハ。1859年プルゼニで創業した小さな機械工場を始まりとする。1866年E.von シュコダが技師長として入り,1869年工場を引き継ぎ,機械・兵器工場として発展した。
→関連項目プルゼニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュコダ[会社]【Škoda Werke】

チェコスロバキア国有の一大企業グループで,機械工業関連の企業や研究所を傘下にもつ。正式名称はプルゼニ・レーニン工業会社Leninwerke Plzeň。行政上の本社はプラハ。 1859年,ワルトシュタイン伯爵がプルゼニ(ピルゼン)につくった小さな機械工場がその前身。66年,シュコダEmil von Škoda(1839‐1900)が技師長として入り,69年にワルトシュタインから工場を引き継いだ。シュコダは80年代に入り鉄道網を中心に事業を拡張し,90年には武器の製造も開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシュコダ[会社]の言及

【チェコスロバキア】より

…1969年,それぞれ平等なチェコとスロバキアからなる連邦国家となったが,スロバキア人の不満は解消されず,社会主義政権解体後,問題が表面化し,国家解体へと至った。 経済的には,ハプスブルク帝国の主要な工業地域であったチェコを引き継いだチェコスロバキアは,戦間期には世界有数の先進工業国であり,シュコダ社の兵器,バチャBaťa社の靴は世界中に輸出された。イギリス,フランスからの資本の流入も,チェコスロバキア工業を支えた。…

※「シュコダ[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュコダ[会社]の関連キーワード小協商スロバキアスロバキア語チェコチェコスロバキアドプチェクマサリクモラバチェコスロバキアン・ウルフドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone