コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショアズール[島] ショアズール

百科事典マイペディアの解説

ショアズール[島]【ショアズール】

太平洋南西部,ソロモン諸島北西部の島。山がちで密林が多い。コプラ主産物。19世紀末以来英保護領。第2次大戦中の1942年―1943年には日本軍が占領。3837km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショアズール[島]【Choiseul Island】

南西太平洋,ソロモン諸島北西部にある島。長さ144km,最大幅32kmの細長い島で,山がちである。面積3000km2,人口8000(1970)。島の中央部に最高峰(1067m)がある。1768年,フランス人ブーゲンビルが到達,当時の外相名にちなんで命名された。かつて人々は他島からの首狩り襲撃を回避するため内陸山地に住んでいたが,現在は平和裡に海岸部で80以上の集落に分散して居住している。社会は双系制。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android