コプラ(英語表記)copra

翻訳|copra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプラ
copra

ココヤシ (古々椰子) の果実 (ココナッツ) の核の胚乳を,天日または機械で乾燥させたもの。約 65%の良質脂肪を含む。生のココナッツミルクやし油 (アブラヤシの油とは別) に比べて酸敗のおそれが少いので,マーガリンやミルク添加物の原料油脂として世界的に食用に使われる。おもに,東南アジア諸国,太平洋諸島で生産される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コプラ

ココヤシの果実の白色脂肪質の胚乳を天日または人工で乾燥したもの。東南アジアが主産地。約70%の脂肪を含み,圧搾してコプラ油(ココナッツ油)をとり,食用油,マーガリン,セッケンなどの材料とする。
→関連項目ココナッツバヌアツファンダンゴヤシ(椰子)油

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

コプラ【copra】

ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約65パーセントの脂肪分を含む。圧搾して椰子やし油(コプラ油)をとり、マーガリン・石鹼せつけん・蠟燭ろうそくなどの原料とし、かすは肥料・家畜飼料とする。 → 椰子油

コプラ【copula】

〘論〙 「 繫辞けいじ」に同じ。
英語・フランス語・ドイツ語などで、二つの語を結合させて主語と補語(または述詞)の関係を作り出す働きをする動詞。英語の be 動詞など。連結詞。コピュラ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コプラ

〘名〙 (copra) ココヤシの果実の完熟した胚乳(はいにゅう)を乾燥したもので、六五~七〇パーセントの油脂を含む。菓子の材料・マーガリン・石けんなどの原料とする。世界の主要油脂源の一つ。〔英和商業新辞彙(1904)〕
※胸より胸に(1950‐51)〈高見順〉七「コプラの買付で私は戦前のジャワへも行ったことがあるが」

コプラ

〘名〙 (copula)⸨コピュラ
① =けいじ(繋辞)(一)②〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
② 西洋文法で、二つの名詞を、一方を主語として一つの文に結合させる動詞。英語の be、フランス語の être、ドイツ語の sein (完全自動詞でない場合)など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android