コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプラ コプラ copra

翻訳|copra

8件 の用語解説(コプラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コプラ
コプラ
copra

ココヤシ (古々椰子) の果実 (ココナッツ) の核の胚乳を,天日または機械で乾燥させたもの。約 65%の良質脂肪を含む。生のココナッツミルクややし油 (アブラヤシの油とは別) に比べて酸敗のおそれが少いので,マーガリンやミルク添加物の原料油脂として世界的に食用に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コプラ(copra)

ココヤシの果実の胚乳(はいにゅう)を乾燥したもの。65~70パーセントの脂肪分を含み、菓子・マーガリン・石鹸(せっけん)などの原料に用いる。

コプラ(copula)

繋辞(けいじ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コプラ

ココヤシの果実の白色脂肪質の胚乳を天日または人工で乾燥したもの。東南アジアが主産地。約70%の脂肪を含み,圧搾してコプラ油ココナッツ油)をとり,食用油,マーガリン,セッケンなどの材料とする。
→関連項目ココナッツバヌアツファンダンゴヤシ(椰子)油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コプラ

 ココヤシの実の中の核の乾燥物.油脂(ヤシ油)の原料とする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コプラ【copra】

ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約65パーセントの脂肪分を含む。圧搾して椰子やし油(コプラ油)をとり、マーガリン・石鹼せつけん・蠟燭ろうそくなどの原料とし、かすは肥料・家畜飼料とする。 → 椰子油

コプラ【copula】

〘論〙 「 繫辞けいじ 」に同じ。
英語・フランス語・ドイツ語などで、二つの語を結合させて主語と補語(または述詞)の関係を作り出す働きをする動詞。英語の be 動詞など。連結詞。コピュラ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプラ
こぷら

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプラの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コプラの関連情報