シラガタロウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラガタロウ
しらがたろう / 白髪太郎

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科のクスサンの幼虫の俗称。体側面は黄緑色であるが、側面上部から背面は青白色で、同じ色の長毛に覆われているのでこの名がある。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシラガタロウの言及

【クスサン(樟蚕)】より

…鱗翅目ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。日本全国にごくふつうに見られ,幼虫は白色の長毛に覆われているため,一部の地方ではシラガタロウと呼ばれている。大型のガで,開帳10cm内外。…

※「シラガタロウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android