ジェノラン鍾乳洞(読み)ジェノランしょうにゅうどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ジェノランしょうにゅうどう【ジェノラン鍾乳洞】

オーストラリアのニューサウスウェールズ州カトゥーンバから南西80kmの場所にある洞窟群。3億4000万年ほど前に誕生したと推定される。一般に公開されているのは9つで、天井から垂れ下がった神秘的な鍾乳石のカーテン、地下を流れる川や地底湖などがあり、神秘的な世界が堪能できる。1300もの階段からなるリバーケイブは、最も深い鍾乳洞である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android