コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェノラン鍾乳洞 ジェノランしょうにゅうどう

1件 の用語解説(ジェノラン鍾乳洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ジェノランしょうにゅうどう【ジェノラン鍾乳洞】

オーストラリアのニューサウスウェールズ州カトゥーンバから南西80kmの場所にある洞窟群。3億4000万年ほど前に誕生したと推定される。一般に公開されているのは9つで、天井から垂れ下がった神秘的な鍾乳石カーテン、地下を流れる川や地底湖などがあり、神秘的な世界が堪能できる。1300もの階段からなるリバーケイブは、最も深い鍾乳洞である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェノラン鍾乳洞の関連キーワードニューサウスウェールズオーストララシアオーストラリア亜区オーストラリアの気候と農業マールマンニュー・サウス・ウェールズ[州]ウェラー種 (Waler)オーストラリアン・ストック・ホース種 (Australian Stock Horse)オーストラリアのゴンドワナ雨林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone