コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャズ・アット・マッセイ・ホール

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャズ・アット・マッセイ・ホール

トランペット奏者、ディジー・ガレスピーの1953年録音のジャズ・アルバム。デビュー・レーベル。チャーリー・パーカー、バド・パウエル、チャールズ・ミンガス、マックス・ローチといったビ・バップを代表するミュージシャンの共演によるライブ盤。原題《The Quintet--Jazz at Massey Hall》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android