マックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マックス

事務機器,釘打ち機などのメーカー。 1942年山田航空工業として設立。 45年山田興業と改称ホッチキス鉛筆削り,金属事務器を生産開始,次いで製図機械,空気式釘打ち機,包装関連へと多角化。 55年マックス工業と改称。 63年産業用綴止め機の生産販売のためテキストロン提携。 64年現社名に変更。アメリカのスタンレー・ワークスと多角的な提携も行い,事務機,図形機器の拡充に乗出している。売上構成比は,インダストリアル機器 50%,オフィス機器 50%。年間売上高 452億 6400万円 (連結。うち輸出 18%) ,資本金 123億 6700万円,従業員数 1164名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マックス(max)

《maximumの略》最大。最大限。極限。「容量がマックスに達する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マックス

画家,イラストレーター。ベルリン生れ。上海やイスラエル,パリを経て1950年代アメリカへ移り住む。ビートルズのアルバム《イエロー・サブマリン》のジャケットのイラストなどで,1960年代,若者を中心に人気を集める。鮮明な色彩のグラデーションを使用したポップな画風が特徴で,1960年代のサイケデリック・アートの代表的なイラストレーターとなる。1970年代には一時活動を休止,画業再開後サイケ色は消えるが,1990年代にはコンピューターで絵を描いたり,1994年アメリカ・ワールドカップやスーパー・ボウルの公式アーティストを務めている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

マックス

正式社名「マックス株式会社」。英文社名「MAX CO., LTD.」。機械工業。昭和17年(1942)「山田航空工業株式会社」設立。同20年(1945)「山田興業株式会社」に改称。同30年(1955)「マックス工業株式会社」に改称。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は東京都中央区日本橋箱崎町。産業機械・事務機器製造会社。ホッチキスと釘打ち機の最大手。ほかにタイムレコーダー・鉄筋結束機・24時間換気システムなど多様な製品群を展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード6454。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マックスの関連情報