コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャズ来るべきもの

1件 の用語解説(ジャズ来るべきものの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャズ来るべきもの

サックス奏者、オーネット・コールマンの1959年録音のジャズアルバム。アトランティック・レーベル。フリー・ジャズスタイル先駆けとなるスタイルを打ち出した作品。原題《The Shape of Jazz to Come》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャズ来るべきものの関連キーワードインターネットFAXドルフィーオーバーネットコールマン髭アメリカの空ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン至上の愛フリー・ジャズオーネット・コールマンネットオーバー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャズ来るべきものの関連情報