コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャズ来るべきもの

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャズ来るべきもの

サックス奏者、オーネット・コールマンの1959年録音のジャズ・アルバム。アトランティック・レーベル。フリー・ジャズ・スタイルの先駆けとなるスタイルを打ち出した作品。原題《The Shape of Jazz to Come》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android