コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリー・ジャズ

デジタル大辞泉プラスの解説

フリー・ジャズ

サックス奏者、オーネット・コールマンの1960年録音のジャズ・アルバム。アトランティック・レーベル。ダブル・カルテットによる同時演奏で、フリー・ジャズ・スタイルを確立した作品。原題《FREE JAZZ》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディアの解説

フリー・ジャズ

モダン・ジャズの発展の過程に現れた,原点回帰的発想を伴った演奏形態。アルト・サックス奏者O.コールマンの革新的活動によるところが大きく,1950年代後半から一部の急進的な演奏家と聴衆に支持を受けた。
→関連項目ジャズ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のフリー・ジャズの言及

【コールマン】より

…しかし60年代の中ごろ,ブラック・パワーの高揚によって,ヨーロッパ音楽の基準では律せられぬ黒人音楽のルーツが解明されるにつれ,だんだんと正当な評価を得るようになった。彼はアルト・サックスのほかトランペット,バイオリンも演奏するが,従来の奏法にとらわれぬ自由な表現と強烈な訴えかけは,音楽世界に新次元を開いたものととらえられ,ゲットーの黒人やヨーロッパのジャズメンが演じた60年代フリー・ジャズの出発点となった。主要作品に《ジャズ来るべきもの》(1959),《ゴールデン・サークル》(1965)がある。…

【ジャズ】より

…そして彼らは音楽的な束縛をかなぐり捨て,騒音に近い自由な演奏に熱中するようになった。これをフリー・ジャズfree jazzと呼び,オーネットはその開祖とされている。しかし70年代初め,フリー・ジャズはオーネットを遠く離れ,暴走していったのである。…

※「フリー・ジャズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリー・ジャズの関連キーワードメイン・ストリーム[main stream]コールマン(Ornette Coleman)リベレーション・ミュージック・オーケストラモダン・ジャズ[modern jazz]ワン・フォー・ザ・トレーンユニット・ストラクチャーズアドリブ[ad lib]スピリチュアル・ユニティオーネット コールマンヒュー スタインメッツミシャ メンゲルベルグロバート ワイアットジェローム クーパーエリック ドルフィーピーター ウォーレンフランソワ テュスクレイ アンダーソンジャズ[jazz]クリス マグレガースチュ マーティン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリー・ジャズの関連情報