コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリー・ジャズ

2件 の用語解説(フリー・ジャズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

フリー・ジャズ

サックス奏者、オーネット・コールマンの1960年録音のジャズアルバム。アトランティック・レーベル。ダブルカルテットによる同時演奏で、フリー・ジャズスタイルを確立した作品。原題《FREE JAZZ》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリー・ジャズ

モダン・ジャズの発展の過程に現れた,原点回帰的発想を伴った演奏形態。アルトサックス奏者O.コールマンの革新的活動によるところが大きく,1950年代後半から一部の急進的な演奏家と聴衆に支持を受けた。
→関連項目ジャズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のフリー・ジャズの言及

【コールマン】より

…しかし60年代の中ごろ,ブラック・パワーの高揚によって,ヨーロッパ音楽の基準では律せられぬ黒人音楽のルーツが解明されるにつれ,だんだんと正当な評価を得るようになった。彼はアルト・サックスのほかトランペット,バイオリンも演奏するが,従来の奏法にとらわれぬ自由な表現と強烈な訴えかけは,音楽世界に新次元を開いたものととらえられ,ゲットーの黒人やヨーロッパのジャズメンが演じた60年代フリー・ジャズの出発点となった。主要作品に《ジャズ来るべきもの》(1959),《ゴールデン・サークル》(1965)がある。…

【ジャズ】より

…そして彼らは音楽的な束縛をかなぐり捨て,騒音に近い自由な演奏に熱中するようになった。これをフリー・ジャズfree jazzと呼び,オーネットはその開祖とされている。しかし70年代初め,フリー・ジャズはオーネットを遠く離れ,暴走していったのである。…

※「フリー・ジャズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリー・ジャズの関連キーワードインターネットFAXドルフィーオーバーネットコールマン髭アメリカの空ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン至上の愛ジャズ来るべきものオーネット・コールマンネットオーバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリー・ジャズの関連情報