コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールマン Coleman, Ornette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールマン
Coleman, Ornette

[生]1930.3.9. テキサス,フォートワース
[没]2015.6.11. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国のジャズ・サクソフォーン(→サクソフォーン)奏者,作曲家,バンドリーダー。フルネーム Randolph Denard Ornette Coleman。10代の頃,アルト・サクソフォーンとテナー・サクソフォーンの演奏を始め,まもなくダンスバンドやリズム・アンド・ブルースのグループで奏者として働いた。当時のジャズインプロビゼーション(即興演奏)は,伝統的な和音進行(コード進行)で演奏されていたが,コールマンは独自の演奏スタイルのフリー・ジャズを生み出し,1950年代にみずからのバンドを組んだ。1958年の初のアルバム『サムシング・エルス!』Something Else,翌 1959年の『ジャズ来るべきもの』The Shape of Jazz to Comeは,ジャズとしてまったく新しい無調的な即興演奏で,一大センセーションを巻き起こし,その後のフリー・ジャズの流れを生んだ。しかし経済的には恵まれず,1962~64年にはジャズ界から退いた。1965年に再登場して旧に倍する人気を獲得,以後,前衛ジャズの最先端で活躍した。作曲家としては『アメリカの空』Skies of Americaが最もよく知られ,1972年にロンドン交響楽団とコールマンのアルト・サクソフォーンとの共演でレコーディングされた。2001年高松宮殿下記念世界文化賞,2007年ピュリッツァー賞を受賞した。

コールマン
Colman

[生]?
[没]676.8.8.
アイルランドのケルト系キリスト教の聖人。 661年イングランドのリンディスファーン司教となり,ケルト教会の宗教慣習の擁護に努め,教会のローマ・カトリック化に反対したが,663または4年ウィトビーの宗教会議で正統を争って敗れ,帰国後修道院を設立して布教した。祝日は2月 18日。

コールマン
Colman, Ronald

[生]1891.2.9. イギリス,リッチモンド
[没]1958.5.19. アメリカ合衆国,カリフォルニア,サンタバーバラ
イギリスの映画俳優。フルネーム Ronald Charls Colman。アメリカ合衆国で活躍。イギリス紳士的風格によって人気を得,その口ひげはコールマンひげと呼ばれ流行を生んだ。主演作品『嵐の三色旗(二都物語)』A Tale of Two Cities(1935),『心の旅路』Random Harvest(1942)など。1947年,『二重生活』A Double Lifeでアカデミー賞主演男優賞を受賞。

コールマン
Colman, Samuel

[生]1832.3.4. メーンポートランド
[没]1920.3.27. ニューヨーク
アメリカの風景画家。ニューヨークで A.デュランに師事し,1860~62年ヨーロッパに遊学。 60年 J.スマイリーとともにアメリカ水彩画協会を創設した。 71~76年再度ヨーロッパに滞在。代表作『ウェスタン・プレインズの船』 (ニューヨーク,ユニオン・リーグ・クラブ) ,『コロラド山景』 (メトロポリタン美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コールマン(Ornette Coleman)

[1930~2015]米国のジャズサックス奏者・作曲家。伝統的な音楽技法にとらわれず、フリージャズ牽引(けんいん)した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コールマン

米国のジャズ・アルト・サックス奏者。1960年代のモダン・ジャズ界にフリー・ジャズの旋風を巻き起こした。1959年,西海岸からニューヨークへ移りカルテットを結成,演奏活動を展開した。
→関連項目ジャズドルフィー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コールマン

体操、男子鉄棒競技の技。コバチ(バーを越えながら、後方かかえ込み2回宙返り懸垂)1回ひねり。1990年発表。名称はスロベニア体操選手、アロジュ・コールマンから。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールマン【Ornette Coleman】

1930‐
アメリカの黒人アルト・サックス奏者。1959年ロサンゼルスを経てニューヨークにデビューした彼のカルテットは,奇想天外なジャズを演じて大きな反響をまきおこした。調子はずれのメロディ不協和音というその音楽は既成概念からは評価できぬものとして,否定する者の方が多かった。しかし60年代の中ごろ,ブラック・パワーの高揚によって,ヨーロッパ音楽の基準では律せられぬ黒人音楽ルーツが解明されるにつれ,だんだんと正当な評価を得るようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コールマン【Ornette Coleman】

1930~ ) アメリカの黒人ジャズ-アルト-サックス奏者。ヨーロッパ音楽のルールでは律せられない素朴な音楽はフリー-ジャズの原動力となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コールマンの関連キーワードコウルマン(James Samuel Coleman)ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンコールマンアウトドアクラブ VISAカードコウルマン(Ronald Coleman)フリー・ジャズ[free jazz]ヤング(Lester Young)ウィル・ロジャース・フォーリーズシンガポールのアルメニアン教会シティ・オブ・エンジェルズボビー ブラッドフォードジャマラディーン タクマジェラルド ビーズリーチャールズ モフェットウォルター ジョンソンエロール ヘンダーソンカサンドラ ウィルソンデビッド アイゼンソンデューイ レッドマンデナード コールマンエリック ドルフィー

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コールマンの関連情報