コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュラ県 ジュラJura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュラ〔県〕
ジュラ
Jura

フランス東部,フランシュコンテ地域 (レジオン) の県。スイスと国境を接し,ジュラ山脈北西斜面に位置する。県都ロンルソーニエ。南東部のジュラ山地ではウシを飼い,グリュイエール・チーズを製造する。西部はブレスの丘陵地で,良質の若鶏を産する。アルボア,ポリニーを中心とする丘陵地周辺では,ブドウを栽培し,ワインを醸造する。ジュラ山中のサンクロード,モレをはじめとする小都市では,ブライアーのパイプ,眼鏡,宝石細工,木工品などがつくられる。面積 4999km2。人口 24万 8759 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジュラ県の関連キーワードチャールズ シャンバランドール(フランス)マルセル モイーズフランシュ・コンテロン・ル・ソニエサラン・レ・バングレビ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android