ぶどう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

ぶどう[果樹類]

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
山梨県のぶどう生産量は桃と並んで日本一(全国シェアの約25%)であり、また日本のぶどう栽培発祥の地としても知られる。盆地特有の寒暖差と日照時間の長さ、水はけの良い土壌などが、ぶどう生産に適しているという。甲州ぶどうは、一説では1186(文治2)年、雨宮勘解由により発見され、鎌倉時代(1192年〜1333年)の初期に栽培が開始されたといわれている。欧州系で中国から渡来した実生から生じたものとされ、山梨を中心に1601(慶長6)年頃までは、わずかに栽培されていた。江戸時代に入り、山梨・大阪・京都などにその栽培が広がった。現在の主な生産品種として、種なしのデラウェア、人気の高い巨峰、巨峰を品種改良したオリジナル品種のピオーネ、白ワインの主要原料でもある甲州や、甲斐路、ロザリオビアンコなどがある。初夏から晩秋まで収穫されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶどうの関連情報