ジュリー ベルトゥチェリ(英語表記)Julie Bertucelli

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督,脚本

国籍
フランス

生年月日
1968年

受賞
エメルジャンス賞最優秀脚本家大賞〔2001年〕「やさしい嘘」,カンヌ国際映画祭国際批評家週間グランプリ〔2004年〕「やさしい嘘」,セザール賞最優秀作品賞〔2005年〕「やさしい嘘」

経歴
映画監督の父ジャン・ルイ・ベルトゥチェリが手がけたジュリエッタ・マシーナの遺作木漏れ日」(1991年)に助監督見習い及び編集見習いとして参加。以降、クシシュトフ・キシェロフスキ、ベルトラン・タヴェルニエ、オタール・イオセリアーニらの助監督を務める。一方、ドキュメンタリー作品を監督。2004年「やさしい嘘」で長編劇映画監督デビュー(脚本も)。2010年雄大なオーストラリアの自然が舞台の長編第2作「パパの木」を監督。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android