遺作

デジタル大辞泉プラス「遺作」の解説

遺作

フランスの美術家マルセル・デュシャンの作品(1946-1966)。原題《Étant donnés : 1° la chute d'eau 2° le gaz d'éclairage》。『古扉』とも呼ばれる。古い扉の覗き穴から、横たわる女性の裸体が見える謎めいた大作。約20年に渡って密かに制作され、死後になって公開された。フィラデルフィア美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「遺作」の解説

い‐さく ヰ‥【遺作】

〘名〙 死後に残された作品。
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉早熟の天才「匿名の出版者が、ラディゲの遺作と称する猥褻な詩集を刊行するという事件が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android