コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺作 イサク

デジタル大辞泉の解説

い‐さく〔ヰ‐〕【遺作】

死後に残された未発表の作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

遺作

フランスの美術家マルセル・デュシャンの作品(1946-66)。原題《Étant donnés : 1° la chute d'eau 2° le gaz d'éclairage》。『古扉』とも呼ばれる。古い扉の覗き穴から、横たわる女性の裸体が見える謎めいた大作。約20年に渡って密かに制作され、死後になって公開された。フィラデルフィア美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いさく【遺作】

死んだ人が残した未発表の作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遺作の関連キーワードシューベルト:ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調「レリーク」/piano solo滝 廉太郎:憾(うらみ)/piano soloヒッチコックのファミリー・プロット男はつらいよ 寅次郎 紅の花アイズ・ワイド・シャット僕達急行 A列車で行こうドリトル先生と秘密の湖龍野武者行列殺人事件あゝ野麦峠・新緑篇落日の彼方に向けてアトリエスタンプジャニスの祈り血に飢えた悪鬼ジャイアンツ夜の闇の中へビリーバッドベルリン漂泊イワン雷帝山田かまち展覧会の絵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺作の関連情報