遺作(読み)イサク

  • いさく ヰ‥
  • いさく〔ヰ〕

デジタル大辞泉プラスの解説

フランスの美術家マルセル・デュシャンの作品(1946-66)。原題《Étant donnés : 1° la chute d'eau 2° le gaz d'éclairage》。『古扉』とも呼ばれる。古い扉の覗き穴から、横たわる女性の裸体が見える謎めいた大作。約20年に渡って密かに制作され、死後になって公開された。フィラデルフィア美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 死後に残された作品。
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉早熟の天才「匿名の出版者が、ラディゲの遺作と称する猥褻な詩集を刊行するという事件が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遺作の関連情報