コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョンソン‐ラーベック効果 Johnson-Rahbek effect

1件 の用語解説(ジョンソン‐ラーベック効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ジョンソン‐ラーベック効果【Johnson-Rahbek effect】

半導体の層を二枚の金属板で挟み,電圧を印加すると,電極版と半導体との間に電気的引力が生じる現象をいう.静電クラッチや静電ブレーキなどに応用されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョンソン‐ラーベック効果の関連キーワードトンネル効果瓦棒挟み竹パワー半導体ツェナー効果ツーピース缶ウィンスロー効果周辺効果金属板葺

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone