ジョンソン‐ラーベック効果(英語表記)Johnson-Rahbek effect

法則の辞典の解説

ジョンソン‐ラーベック効果【Johnson-Rahbek effect】

半導体を二枚の金属板で挟み,電圧を加すると,電極版と半導体との間に電気的引力が生じる現象をいう.静電クラッチや静電ブレーキなどに応用されている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android