引力(読み)いんりょく(英語表記)attractive force; attraction

  • 引力 attraction

百科事典マイペディアの解説

二つの物体が互いに引き合う力。互いにはねのけ合う力は斥力という。もっとも普遍的なものはニュートンの万有引力である。また反対符号の電気または磁極の間に働くクーロン力(クーロンの法則参照),分子間に作用するファン・デル・ワールス力,核子を結合する核力などがある。
→関連項目起潮力

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

二つの物体が及ぼし合う力のうち,物体を互いに近づけるような向きに働くものをいう。反対に遠ざけるような向きに働くものは斥力repulsive forceという。引力のうちもっとも普遍的なのは万有引力であり,電気(あるいは磁気)を帯びた物体間に働く静電気力(磁気力)も,異符号の電気間(磁極間)では引力になる(同符号の場合は斥力)。また,原子核を構成する核子の間に働く核力も引力である。なお,などを通して引き合う力の場合は張力と呼ぶのがふつうである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

物体が互いに引き合う力。質量をもつ物体どうしにはたらく引力(万有引力)のほか、電気・磁気に関連する引力、原子核中で核子どうしにはたらく引力などがある。 ⇔ 斥力せきりよく オランダ語 aantrekkinkracht を aantrekking (引)と kracht (力)とに分け漢字をあてた訳。暦象新書(1798~1802年)にある

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

互いに引き合う力を引力といい、互いに反発する力を斥力(せきりょく)という。また物質間に働く重力はつねに引力であるため、重力のことを単に引力とよぶ場合もある。万有引力ということばは重力をさす。
 空間的に離れた物質の間に働く作用を「力」としてとらえるのは、ニュートン力学により確立した考え方で、このときに認識されていた「力」は、地球と物体、地球と月、太陽と惑星の間の引力である。こうした歴史的経過のため、力の概念そのものと引力とが同一にみられる場合がある。しかし、引力と斥力がある電気、磁気の力にも、さらには原子核を構成する陽子、中性子間に働く核力にも、この力の概念は適用できる。素粒子間の相互作用は正確には場の量子論により記述され、この次元では引力、斥力という概念はもはや有効でない。しかし、場の量子論を用いて力を近似的に構成することはでき、直観的にわかりやすい引力、斥力の概念は現在でも物理学で有用である。[佐藤文隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 二つの物体が互いに引き合う力。ニュートンの万有引力、電磁気におけるクーロン力、分子間に働くファンデルワールス力、原子核の核子間に働く核力などがある。
※暦象新書(1798‐1802)中「一、引力、動力、求心力、速力等の名は、義訳に出たり」
② 人をひきつける力。人の心を引きつけるような魅力。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「但だ其の金と女とを謂て、引力と做す」
[語誌]①の挙例「暦象新書」によりオランダ語 Aantrekkingkracht の訳語と推測される。Aantrekking (引)+ kracht (力)=引力と当てたもの。幕末の「英和対訳袖珍辞書」には Attraction の訳語として載る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引力の関連情報