コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引力 いんりょく attractive force; attraction

6件 の用語解説(引力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引力
いんりょく
attractive force; attraction

2つの物体が互いに引合う力。質量をもつ物体間に働く万有引力,逆符号の荷電体または磁極間に働くクーロン力,分子間に働くファン・デル・ワールス力原子核内の核子間に働く核力などはその例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐りょく【引力】

二つの物体が互いに引き合う力。質量をもつすべての物体の間に働く万有引力電荷どうしの間に働く電気力分子の間に働く分子間力などがある。⇔斥力

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

引力【いんりょく】

二つの物体が互いに引き合う力。互いにはねのけ合う力は斥力という。もっとも普遍的なものはニュートン万有引力である。また反対符号の電気または磁極の間に働くクーロン力(クーロンの法則参照),分子間に作用するファン・デル・ワールス力,核子を結合する核力などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんりょく【引力 attraction】

二つの物体が及ぼし合う力のうち,物体を互いに近づけるような向きに働くものをいう。反対に遠ざけるような向きに働くものは斥力repulsive forceという。引力のうちもっとも普遍的なのは万有引力であり,電気(あるいは磁気)を帯びた物体間に働く静電気力(磁気力)も,異符号の電気間(磁極間)では引力になる(同符号の場合は斥力)。また,原子核を構成する核子の間に働く核力も引力である。なお,綱などを通して引き合う力の場合は張力と呼ぶのがふつうである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんりょく【引力】

物体が互いに引き合う力。質量をもつ物体どうしにはたらく引力(万有引力)のほか,電気・磁気に関連する引力,原子核中で核子どうしにはたらく引力などがある。 ↔ 斥力せきりよく 〔オランダ語 aantrekkinkracht を aantrekking (引)と kracht (力)とに分け漢字をあてた訳。「暦象新書」(1798~1802年)にある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

引力
いんりょく

互いに引き合う力を引力といい、互いに反発する力を斥力(せきりょく)という。また物質間に働く重力はつねに引力であるため、重力のことを単に引力とよぶ場合もある。万有引力ということばは重力をさす。
 空間的に離れた物質の間に働く作用を「力」としてとらえるのは、ニュートン力学により確立した考え方で、このときに認識されていた「力」は、地球と物体、地球と月、太陽と惑星の間の引力である。こうした歴史的経過のため、力の概念そのものと引力とが同一にみられる場合がある。しかし、引力と斥力がある電気、磁気の力にも、さらには原子核を構成する陽子、中性子間に働く核力にも、この力の概念は適用できる。素粒子間の相互作用は正確には場の量子論により記述され、この次元では引力、斥力という概念はもはや有効でない。しかし、場の量子論を用いて力を近似的に構成することはでき、直観的にわかりやすい引力、斥力の概念は現在でも物理学で有用である。[佐藤文隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

引力の関連キーワード後流静止摩擦動摩擦摩擦力モールド側圧破壊点物体瞬間弾性率ずり粘度

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

引力の関連情報