コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタロドゥプスコエ スタロドゥプスコエ Starodubskoe/Стародубское

1件 の用語解説(スタロドゥプスコエの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スタロドゥプスコエ(Starodubskoe/Стародубское)

ロシア連邦、サハリン州(樺太)の町。ユジノサハリンスクの北約50キロメートルオホーツク海に面する。1945年(昭和20)以前の日本領時代には栄浜と称した。宮沢賢治が当地を訪れ、詩「オホーツク挽歌」を書いたとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタロドゥプスコエの関連キーワード豊原Южно-СахалинскАниваИльинскийОхаОхотское樺太神社跡ЧеховТомариДолинск

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタロドゥプスコエの関連情報