コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティロライト(英語表記)stylolite

岩石学辞典の解説

スティロライト

構造に用いられる語で通常は石灰岩などに見られる.垂直方向に条線の入った柱または円錐が面に沿って発達し,上部の空洞と対応しているため,歯のような柱状部が片側にあり,他方のソケットの中にはまり込んで見える構造.スティロライトの継ぎ目の断面は複雑でジグザクの線となる[Pettijohn : 1975].荷重の下で軟らかい堆積物に形成された[Staub : 1939].溶液と圧力の組み合された影響下で固化した岩石に形成された[Stockdale : 1926].スティロライトは1751年にミリウスにより記載され,1807年にフライスレーベンによって記述された[Freisleben : 1807].クローデンは1828年にこれが化石であったという印象からstylolites sulcatusと命名した[Kloden : 1828, 1834].lignilites, epsomites, crystallitesなどは同義.ギリシャ語のstylosは柱,柱状の物の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android