コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティロライト stylolite

岩石学辞典の解説

スティロライト

構造に用いられる語で通常は石灰岩などに見られる.垂直方向に条線の入った柱または円錐が面に沿って発達し,上部の空洞と対応しているため,歯のような柱状部が片側にあり,他方のソケットの中にはまり込んで見える構造.スティロライトの継ぎ目の断面は複雑でジグザクの線となる[Pettijohn : 1975].荷重の下で軟らかい堆積物に形成された[Staub : 1939].溶液と圧力の組み合された影響下で固化した岩石に形成された[Stockdale : 1926].スティロライトは1751年にミリウスにより記載され,1807年にフライスレーベンによって記述された[Freisleben : 1807].クローデンは1828年にこれが化石であったという印象からstylolites sulcatusと命名した[Kloden : 1828, 1834].lignilites, epsomites, crystallitesなどは同義.ギリシャ語のstylosは柱,柱状の物の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

スティロライトの関連キーワードマイクロスティロライトスーチャー・ジョイントアンチスティロライトスリコライトエプソマイトリグニライト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android