コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐 えんすい circular cone

8件 の用語解説(円錐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円錐
えんすい
circular cone

平面上の円を C とし,C に囲まれた平面の部分を S とする。この C 上のすべての点と,平面上にない点Pとを結ぶすべての直線によってつくられる曲面を円錐面という。 C が円でなく任意の曲線であれば,曲面は単に錐面という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐すい〔ヱン‐〕【円×錐】

円の平面の外にある一定点から円周上に伸ばした線分が円周上を1周してつくる曲面と、もとの円とによって囲まれる立体。直円錐と斜円錐がある。円錐体。

まる‐ぎり【円×錐/丸×錐】

刃が半円形の錐。丸い穴をあけるのに用いる。通し錐。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

円錐【えんすい】

円周上のすべての点と円の平面外の一定点(頂点)とを線分で結ぶとき,これら線分(母線)の作る面を円錐面といい,円錐面と円(底面)が囲む立体を円錐という。頂点と底面の中心を結ぶ直線が底面に垂直なときが直円錐。
→関連項目角錐角柱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんすい【円錐 circular cone】

一つの円とこの円の平面上にない1定点が与えられたとき,定点と円周上の各点を線分で結べば,これらの線分によって一つの曲面が得られる。この曲面ともとの円によって囲まれる立体図形を円錐といい,定点を頂点,円を底面,頂点と底面の距離を高さ,頂点と円周上の点を結ぶ線分を母線,母線の全体で作られる曲面を側面という(図)。頂点と底面の中心を結ぶ直線が底面に直交するような円錐を直円錐といい,そうでない円錐を斜円錐という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんすい【円錐】

円の平面外の一定点とこの円周上のすべての点とを結んでできる面(円錐面)と、もとになった円(底面)とで囲まれた立体。円錐面を円錐ということもある。定点(頂点)と底面の中心を結ぶ直線が底面に垂直なものを直円錐という。

まるぎり【円錐】

壺錐つぼぎり 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円錐
えんすい

平面α上に円周c、α外に点Oがあるとき、Oを端とし、c上の任意の点を通る半直線全体のつくる面を円錐面、Oを頂点、各半直線を母線(ぼせん)という。円錐面と平面αとで囲まれた立体を円錐(斜円錐)といい、平面α上の円を底面、頂点Oから平面αへ下ろした垂線の長さを高さという(の(1))。底面の半径がr、高さがhの円錐の体積はV=(1/3)πr2hである。円錐を底面に平行な平面で切り、この平面と底面の間にある円錐の部分を円錐台という。円錐で、頂点Oと底面の円の中心を結ぶ直線が底面に垂直のとき、この円錐を直円錐という(の(2))。直円錐は、二等辺三角形OABを、頂角AOBの二等分線を軸として1回転してできる立体とも考えられる。このとき、角AOBを直円錐の頂角といい、OAが回転してできる線分が直円錐の母線である。底面の半径がr、母線の長さがlの直円錐の側面積はS=πrlである。[栗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円錐の関連キーワード射影大円アポロニウスの円円柱角錐星芒形五つ星外接内接リー‐ヤン(李‐楊)の円定理

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円錐の関連情報