ステロイド結合タンパク質

栄養・生化学辞典の解説

ステロイド結合タンパク質

 ステロイドホルモンを結合するタンパク質の総称で,コルチコステロイド結合グロブリントランスコルチン),性ステロイド結合グロブリン,プロゲステロン結合タンパク質,アンドロゲン結合タンパク質などが知られている.ステロイドの運搬などの機能がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android