コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックホルムの市庁舎 ストックホルムのしちょうしゃ

1件 の用語解説(ストックホルムの市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ストックホルムのしちょうしゃ【ストックホルムの市庁舎】

スウェーデンの首都ストックホルム市内、メーラレン(Mälaren)湖のほとりに建っているナショナルロマン様式のレンガ造りの建物。一見、歴史の古い建物に見えるが、この建物が竣工(しゅんこう)したのは1923年のことである。高さ106mのタワーがあり、見晴らしのよい展望台になっている。また、この建物にはノーベル賞授賞式の記念晩餐(ばんさん)会が開かれる「青の間」や、ダンスパーティが開かれる「黄金の間」などがあり、市議会の議場などとともに、内部を見学できるガイドツアーがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストックホルムの市庁舎の関連キーワードアスプルンドストックホルム学派瑞典エステルマルムカクネス塔ガムラスタンスウェーデン門スカンセンストックホルム室内管弦楽団ストックホルムマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストックホルムの市庁舎の関連情報