コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックホルムの市庁舎 ストックホルムのしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ストックホルムのしちょうしゃ【ストックホルムの市庁舎】

スウェーデンの首都ストックホルム市内、メーラレン(Mälaren)湖のほとりに建っているナショナルロマン様式のレンガ造りの建物。一見、歴史の古い建物に見えるが、この建物が竣工(しゅんこう)したのは1923年のことである。高さ106mのタワーがあり、見晴らしのよい展望台になっている。また、この建物にはノーベル賞授賞式の記念晩餐(ばんさん)会が開かれる「青の間」や、ダンスパーティが開かれる「黄金の間」などがあり、市議会議場などとともに、内部を見学できるガイドツアーがある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ストックホルムの市庁舎の関連キーワードスウェーデン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストックホルムの市庁舎の関連情報