黄金(読み)オウゴン

デジタル大辞泉の解説

おう‐ごん〔ワウ‐〕【黄金】

こがね。きん。「黄金の仏像」
金銭。貨幣。特に、大判の金貨。「黄金崇拝」
価値のある貴重なもの。「黄金の日々」「黄金の脚」

き‐がね【黄金】

黄金(こがね)のこと。近世、特に大判小判を指す。
「都の人に―八十枚に代(しろ)なしてより」〈浮・織留・二〉

く‐がね【黄金】

金(きん)。こがね。
「銀(しろかね)も―も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」〈・八〇三〉

こ‐がね【黄金/金】

《「くがね」の音変化》
きん。おうごん。→あかがねくろがねしろがね
大判小判などの金貨
黄金色」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

黄金

1948年製作のアメリカ映画。原題《The Treasure of the Sierra Madre》。監督:ジョン・ヒューストン、出演:ハンフリー・ボガート、ウォルター・ヒューストン、ティム・ホルトほか。第21回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同監督賞、助演男優賞(ウォルター・ヒューストン)、脚色賞受賞。

黄金

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1987)。原題《Hot Money》。競馬界を舞台にしたシリーズの第26作。

黄金

錦鯉の一種。全身が金色の光り無地もの。戦後間もない1947年に新潟県在住の青木沢太氏が作出。以後、多くの派生品種を生んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうごん【黄金】

きん。こがね。 「 -の杯」
金のように輝くもの。また、貴重で価値のあることのたとえ。 「輝く-の翼」 「 -の年」 「 -の脚」
金銭。貨幣。 「 -の山」
大判金の俗称。 「 -もござる筈だと大野言ひ/柳多留 19

くがね【黄金】

こがね。金きん。 「銀しろかねも-も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも/万葉集 803

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄金
おうごん
The Treasure of the Sierra Madre

アメリカ映画。1948年作品。ジョン・ヒューストン監督。ヒューストンが得意とした、いわゆる「努力水泡」型冒険物語の代表作。メキシコのシエラマドレ山中で苦労の末、砂金を発見した三人のアメリカ人(ハンフリー・ボガート、ティム・ホルトTim Holt(1919―1973)、ウォルター・ヒューストンWalter Huston(1884―1950))が、独占欲や猜疑(さいぎ)心の虜(とりこ)となって、最後にはすべてを失ってしまう。これを監督のヒューストンは、第二次世界大戦中に激戦地でのドキュメンタリー映画制作で培った荒々しいまでの即物的タッチで描いていく。B・トレイブンB. Traven(1882―1969)の小説をヒューストン自身が脚色したこの映画は、アカデミー監督賞、脚色賞、助演男優賞を受賞。ヒューストンは2部門で、また、父親のウォルター・ヒューストンと史上初の親子受賞の快挙も達成した。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐ごん ワウ‥【黄金】

〘名〙
① こがね。金(きん)
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「高麗大興王方睦大倭、尊重三宝、遙以随喜、黄金三百廿両助成大幅、同心結縁」 〔戦国策‐楚策〕
② 黄金色のもの。金色(こんじき)
※参天台五台山記(1072‐73)一「有方池、有黄金白銀魚出遊
③ 金銭。貨幣。特に、大判金(おおばんきん)の称。
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「又、連歌の花の本より、露といふ一字を黄金(ワウコン)弐十枚に置れける」 〔史記‐季布伝〕
④ 最も輝かしいこと。最良。
※オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉七「ぼくは、本当に、黄金の日々を過してゐたのでした」

き‐がね【黄金】

〘名〙 こがね。おうごん。近世では、大判や小判をいう場合が多い。〔観智院本名義抄(1241)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「都の人に黄金(キガネ)八十枚に代(しろ)なしてより次第に分限と成」

こう‐きん クヮウ‥【黄金】

〘名〙 こがね。金(きん)。また、黄金色をしたもの。おうごん。
※性霊集‐四(835頃)進柑子表「如星如玉黄金質 香味応簠簋

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黄金の言及

【金】より

…英語gold,ドイツ語Goldは,ともにサンスクリットの〈輝く〉という意味の語に由来するとされている。日本では古くから黄金(おうごん∥こがね)と呼ばれ,五色の金の一つとされている。 古くから使用された理由は,大部分単体の形で産出するからである。…

【大仏開眼】より

…この間元正上皇,僧行基は大仏の完成をみることなく物故していた。 塗金に用いる黄金の入手には苦慮していたが,749年2月に陸奥国小田郡(現,宮城県遠田郡涌谷町)より黄金産出の報が告げられ,4月1日に聖武天皇,光明皇后をはじめ百官が東大寺に詣で,日本最初の産金に対して,大仏の加護を謝す長文の宣命が左大臣橘諸兄により奉読された。ついで功臣,造寺関係者などにも官位の昇叙があり,歌人である越中国守大伴家持も《万葉集》にこのときの和歌をのこしている。…

【金】より

…英語gold,ドイツ語Goldは,ともにサンスクリットの〈輝く〉という意味の語に由来するとされている。日本では古くから黄金(おうごん∥こがね)と呼ばれ,五色の金の一つとされている。 古くから使用された理由は,大部分単体の形で産出するからである。…

※「黄金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄金の関連情報