コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストーブ煙突鳴音効果 singing stovepipe effect

1件 の用語解説(ストーブ煙突鳴音効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ストーブ煙突鳴音効果【singing stovepipe effect】

ストーブの煙突や水道のカランなどの,別の金属片と互いに接触した部分をもつ普通の金属片が無線信号を受信して再生する現象.通常は大電力の送信機近くの強い電磁放射場内で,不良溶接部や機械的に緩い接続部などがあると,ここで相互変調干渉を起こすために生じる.この種の接続部は非線形ダイオードとして働くので,鉱石受信機と同じように挙動する.

かなり以前に沖縄県で,「水道栓からもVOA(ヴォイス・オヴ・アメリカ)放送が聞こえる」などといわれたのはこの効果のためである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストーブ煙突鳴音効果の関連キーワードガスストーブストーブ石油ストーブ電気ストーブストーブリーグ民の煙達磨ストーブルンペンストーブストーブガードストール (stall)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone