コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストーブ煙突鳴音効果 singing stovepipe effect

法則の辞典の解説

ストーブ煙突鳴音効果【singing stovepipe effect】

ストーブの煙突や水道のカランなどの,別の金属片と互いに接触した部分をもつ普通の金属片が無線信号を受信して再生する現象.通常は大電力の送信機近くの強い電磁放射場内で,不良溶接部や機械的に緩い接続部などがあると,ここで相互変調干渉を起こすために生じる.この種の接続部は非線形ダイオードとして働くので,鉱石受信機と同じように挙動する.

かなり以前に沖縄県で,「水道栓からもVOA(ヴォイス・オヴ・アメリカ)放送が聞こえる」などといわれたのはこの効果のためである.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android